読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おすすめオススメ

様々なライターが色々なオススメを紹介するウェブサイト! 問い合わせosusumeosusume33@gmail.com

広告

2016年夏おすすめドラマ情報・感想・予想まとめ

2016年夏7月スタートで放送されるおすすめのドラマの情報をまとめていきます。

 

月曜日

月9 好きな人がいること フジテレビ

放送開始 7月11日

主演:桐谷美玲

キャスト:山崎賢人、三浦翔平、野村周平

脚本:脚本:桑村さや香(過去作/恋仲)

原作:なし

作品概要:パティシエを目指す主人公とイケメン3兄弟とのルームシェア生活を描くラブコメ作品。憧れの長男、生意気な次男、プレイボーイな三男が登場。

www.fujitv.co.jp

感想:恋仲の方が脚本で再び月9ドラマに挑戦。正直、恋仲は若者受けを狙いすぎて結局若者にも中高年にもそこまで支持されなかった印象なので、今回は期待したい。この脚本家は本当に野村周平君好きだなぁと思った。というか、フジテレビは最近野村周平くん使いすぎ感は否めません。桐谷美玲は前クールのドラマ「スミカスミレ」で新たな一面と魅力が垣間見えたので楽しみ。

 

火曜日

火10 せいせいするほど愛してる TBS

放送開始 7月12日

主演:武井咲

キャスト:滝沢秀明、中村蒼、トリンドル玲奈...

脚本:共同(李正美、渡邉真子、井上聖司)

原作:北川みゆき「せいせいするほど、愛してる」

作品概要:同名漫画を原作とするオフィスラブ作。OL主人公と既婚副社長との純愛にして禁断の恋を描く。タッキーこと滝沢秀明が7年ぶりにTBSドラマ出演。

www.tbs.co.jp

感想:エイジハラスメントやフラジャイルで演技力上がったなぁ、と個人的には思っていた武井咲とタッキーとのオフィス・ラブもののドラマ。この枠は前の重版出来や駄目な私に恋して下さいなど視聴率が低いが評価の高いドラマが多く、個人的にも期待している。

 

火10 ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子 フジテレビ

放送開始日 7月12日

主演 波瑠

キャスト:横山裕、要潤、林遣都...

脚本:古家和尚(過去作/任侠ヘルパー)

原作:内藤了「ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子」

作品概要: 異常犯罪をテーマとした刑事ドラマ。とある過去から異常犯罪者に対して興味を示すようになった新人女性刑事が主人公。

www.ktv.jp

感想:脚本が任侠ヘルパーの人だと聞いてちょっと安心した。波瑠は刑事ドラマといえば小栗旬主演の「BORDER」が個人的には記憶に新しく、その時もクールな解剖医の役をこなしていていっときの人気だけじゃなく自力の高い女優なんだなぁと関心したのを覚えている。例えば絶対零度やアンフェア、LADYなど人気のある若手女優が刑事ドラマの主演をしてステップアップするというのはもはや常套手段なのでこれをバネに大女優へと成長して欲しい。

 

火25 闇金ウシジマくん Season3 TBS

放送開始 7月19日

主演:山田孝之

キャスト:綾野剛、光宗薫、中村倫也...

脚本:福間正浩(過去作/闇金ウシジマくん)

原作:真鍋昌平「闇金ウシジマくん」

作品概要:人気シリーズの第3期。原作「洗脳くん編」相当を実写化する。ドラマに続き秋からは「Final」と銘打った映画が公開される。

ymkn-ushijima-movie.com

感想:元々高い人気を誇っていたウシジマくんのシーズン3。深夜ドラマならではの過激な描写は1,2ともにかなり面白い。映画も公開されるということでそれに先駆けてのドラマだとは思うが、内容も漫画でもかなりイッちゃってる内容の「洗脳くん」なので今からワクワクとドキドキが止まらない。

 

水曜日

水10 家売るオンナ 日本テレビ

放送開始 7月13日

主演:北川景子

キャスト:工藤阿須加、仲村トオル、...

脚本:大石静(過去作/家族狩り)

原作:なし

作品概要:人生の悩みを不動産購入に掛け合わせた人生ドラマ。北川景子演じるプロの不動産営業マンが、買い手が求める不動産から買い手が抱える人生の悩みを見抜き、痛快に解決(売却)していく。

www.ntv.co.jp

感想:高飛車な女営業マンの話は例えば謎解きはディナーのあとで、LADYや少しクールな役だと最後の探偵、LADYなんかはどれもはまり役で恐らくこのドラマも安定して観られるドラマだと思う。公私ともに充実している北川景子から目が離せない。個人的には「ルーズヴェルトゲーム」で好演した工藤投手の息子の工藤阿須加にも注目してる。

 

木曜日

木9 はじめまして、愛してます テレビ朝日

放送開始日 7月14日

主演:尾野真千子

キャスト:江口洋介、速水もこみち、余貴美子...

脚本:遊川和彦(過去作/家政婦のミタ)

原作:なし

作品概要:特別養子縁組をテーマにした家族ドラマ。一般の養子縁組とは異なり、養子ながらも戸籍上「実子」として認められる特別養子縁組成立を目指す夫婦と子供の物語。

www.tv-asahi.co.jp

感想:養子縁組の子どもと本当の家族になれるか、というテーマを描いたドラマで中々珍しいテーマだと思う。近いところでいうと過去に放送していたドラマ「人にやさしく」近いイメージなのかな、と思う。個人的に尾野真千子も江口洋介もドラマの役によってはハマるハマらないが大きい役者だと思うので今回ははまり役なのを期待してます。

 

木10 営業部長 吉良奈津子 フジテレビ

放送開始 7月21日

主演:松嶋菜々子

キャスト:松田龍平、原田泰造、DAIGO...

脚本:井上由美子(過去作/昼顔)

原作:なし

作品概要:働く女性ドラマ。結婚、出産を経て仕事復帰したアラフォー主人公が、かつてのキャリアウーマン時代とのギャップに戸惑いながらも奮闘し、仕事と家庭の両立を目指していく。

www.fujitv.co.jp

バリバリのキャリアウーマンの話と聞くと、松嶋菜々子の過去作で言うと「美女か野獣」「やまとなでしこ」「救命病棟シリーズ」あとは最近で言うと「ラッキーセブン」なんかも近いイメージなのかもしれない。ここは仕事メインなのか、家族との問題がメインなのかで観る層が大きく変わってきそうだ。

 

金曜日

金10 神の舌を持つ男 TBS

放送開始 7月8日

主演:向井理

キャスト:木村文乃、佐藤二朗、火野正平...

脚本:櫻井武晴(過去作/相棒シリーズ)

原作:なし

作品概要:謎の温泉芸者「ミヤビ」を探し求めて日本各地の温泉を巡るコミカルミステリー。演出として参加している堤幸彦が構想20年と語る超?大作。

www.tbs.co.jp

感想:コミカルな推理モノのドラマと聞いて真っ先に思い浮かぶのが「古畑任三郎」や「SPEC」「TRICK」などだろう。特に「SPEC」もこの枠でのドラマだったので近い雰囲気になるんじゃないかと踏んでいる。見どころとしては向井理がどこまで自分を捨てているのかと、毎回変わるという木村文乃の可愛い格好、そして佐藤二朗のアドリブ。全てがうまく噛み合えばこのクール最高のドラマになるかもしれない。

 

土曜日

土9 時をかける少女 日本テレビ

放送開始 7月9日

主演:黒島結菜

キャスト:竹内涼真、吉本美優、加藤シゲアキ...

脚本:渡部亮平(過去作/セーラーゾンビ)

原作:筒井康隆「時をかける少女」

作品概要:小説発表から50年、SF作として確固たる地位を築いた「時かけ」の最新実写作。今回の実写化にあたり、シリーズ初の試みとして深町君こと”ケン・ソゴル”側から見たストーリーが同時展開される。

www.ntv.co.jp

知らない人はいないくらい有名な作品の実写化。アニメ化もされたので若者でも馴染みのある作品。実写化と聞くとなかなか不安が募る部分もあるが、主演の黒島結菜は先のドラマ「ごめんね青春!」でなかなか良い演技をしていたので期待したい。元々、この枠は若手俳優のバラエティドラマ枠になりつつあるので肩の力を抜いて観ようと思う。

 

日曜日

日9 仰げば尊し TBS

放送開始 7月17日

主演:寺尾聰

キャスト:多部未華子、村上虹郎、太賀、真剣佑...

脚本:いずみ吉紘(過去作/ROOKIES)

原案:石川高子「ブラバンキッズ・ラプソディー」

作品概要:1980年代に実在した吹奏楽強豪校「神奈川県立野庭高等学校」をモチーフにした作品。元サックス奏者の教師とヤンキー生徒たちが吹奏楽と向き合い”感謝”や”絆”を学んでいく。

www.tbs.co.jp

感想:ROOKIES脚本の人らしく、ヤンキーと熱血教師のやりとりを描いたドラマらしい。運動系の部活じゃなく、吹奏楽っていうのが面白いと思う。寺尾聰のコミカルかつ、芯のある演技はもちろん個人的には「ゆとりですがなにか」で怪演が目立っていた太賀に注目しています。

 

日10:30 そして、誰もいなくなった 日本テレビ

放送開始 7月17日

主演:藤原竜也

キャスト:玉山鉄二、黒木瞳、二階堂ふみ...

脚本:秦建日子(過去作/ドラゴン桜)原作:なし

作品概要:完全オリジナルサスペンス。順風満帆な人生から一転、同姓同名の人物に人生を乗っ取られ、不可解な事件へと巻き込まれていく主人公の悲哀を描く。

www.ntv.co.jp

感想:キャスト、ストーリーから個人的にこのクール一番期待しているドラマ。藤原竜也は絶叫系俳優としてある意味ネタ的扱いを受けることが多い最近だが、本当に地力のある実力のある俳優なので、心して観たい。

 

まとめ

前クールもなかなか名作ドラマ揃いだったが、このラインナップはそれを凌ぐ可能性は十二分にあると感じています。普段ドラマを観ないと言う人もこれを参考にして興味を少しでも持ってもらえたなら幸いです。