読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おすすめオススメ

様々なライターが色々なオススメを紹介するウェブサイト! 問い合わせosusumeosusume33@gmail.com

広告

サッカー初心者でも面白いおすすめの面白い王道サッカー漫画を紹介します。

こんにちは、ライターのグラッチェです。

 

僕は昔からスポーツが苦手て、体育の時間でサッカーをしてチームの決めのトリジャン(取りジャンケン)でも一番最後までデブと一緒に残ってるような人間でした。

しかし、スポーツ漫画を読むのは大好きでサッカー漫画もそりゃもう数え切れないほどの数を読みました。でも実際サッカーなんてできないし、そもそもルールも大して理解してない状態で読んだもんだからイマイチなにやってるのかわかりません。完全に雰囲気で読んでる現状です。

 

今回は、そんなスポーツ音痴でサッカーをよく知らない僕でも楽しく読めたおすすめの王道サッカー漫画をまとめて紹介します!

 

 

 

キャプテン翼  高橋陽一

キャプテン翼 ワールドユース編 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

キャプテン翼 ワールドユース編 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

 

これは紹介せざるを得ないでしょう、言わずと知れたワッカー漫画の金字塔。すべてのサッカー選手は少なからずキャプテン翼の影響を受けていると行っても過言ではありません。しかし、このキャプテン翼はどちらかと言えば、リアルサッカー漫画、というよりはファンタジー要素の強い漫画で現実では実現不可能な必殺技がガンガン登場します。色々シリーズもあっていまも不定期で連載しているのですが、僕の一番好きなシリーズは何と言っても『ワールドユース編』です。

岬くんのまさかの交通事故で戦線離脱から始まり、チームメイト松山くんの彼女も交通事故で危篤となぜか試合以外の不幸が立て続けに起こります。それでもなんとか持ち前の絆と翼くんのひらめきで試合を勝ち進んでいくニッポン。なかでも僕が一番記憶に残っているシーンは地面を刳りながらシュートすることで威力が倍増する日向小次郎くんの必殺シュート『雷獣シュート』には「空中では無力」という欠点があるのですが、それを克服するために同じチームメイトでDFの次藤くんがオウンゴールの責任を取って「ワシの背中を使って雷獣シュートをしろ」などというトンデモ発言が飛び出すのです。これには読んでて感動と笑いと「こいつ頭おかしい」という想いが混ざり合って一人でひたすら頭を抱えていました。

f:id:ikdhkr:20170516112006j:plain

果たして次藤くんは本当に日向くんに背中をえぐられてしまうのか!?その真相はぜひ本誌で確かめてみてください。

 

 

ホイッスル! 樋口大輔

 キャプテン翼亡き後のジャンプサッカー漫画を支えた人気作。主人公・風祭くんの小さいながらも持ち前のガッツと才能で次々と困難を乗り越えトッププレイヤーへと成長していくサマが描かれています。この作品の特徴はなんと言ってもキャラクターの「かわいさ」にあるのではないでしょうか。ともすれば良い意味でも悪い意味でも泥臭く男臭くなりがちで女子が敬遠しがちなサッカー漫画ですが、このホイッスルはキャラクター一人ひとりが本当にかわいらしく、その樋口大輔の絵とも相まってスポ根ながらどこか少女漫画っぽさも醸し出していて女性人気がとても高かったと記憶しています。いまのサッカーの女性人気はこの『ホイッスル!』から始まったといっても過言ではないのではないでしょうか。

ちなみに僕の一押しのキャラクターは全国選抜編から登場する大型プレイヤーの鳴海くんです。

 

エリアの騎士  伊賀大晃、月山可也

週刊マガジンで先月まで連載されていた長期作です。事故にあった天才サッカープレイヤー逢沢傑の意思を継いだ弟・逢沢駆の活躍を描いた青春サッカー漫画です。設定としては急に駆の人格が兄の傑に乗っ取られ、別人のようなプレイを魅せるなどトンデモサッカー漫画に道を踏み外しそうになったのですが、作者の力量なのかギリギリでリアリティが失われない絶妙なラインをキープし続けていたのは流石だと思いました。

逢沢兄弟以外のキャラクターの描き分けも絶妙で一人ひとり個性が違いちゃんと脇役にもスポットが当たるようになっているのでインフレや、主人公の覚醒一辺倒にならずにちゃんと最後まで描ききっていたのがかなり好印象な作品でした。ヒロインのセブンをはじめ、女性キャラがべらぼうにかわいいのも最高です!

 

 

シュート! 大島司

キャプテン翼と並び、多くのサッカー選手に多大な影響を与えたサッカー漫画の日本代表作。「トシ、サッカー好きか?」の名言を生み出した天才・久保嘉晴の思いを継いだ掛川高校サッカー部が最強のチームへと成長するまでを描いています。久保さんが唯一出ているシュート(無印)、久保の意思を継ぎ日本一を再び目指す『熱き挑戦』、新たな天才、そしてもうひとりの主人公・伊東にスポットを当てた意欲作『新たなる伝説』、そして主人公・田仲、平松、白石の出会いから三人がいかにして最強トリオになったのかを描いたはじまりの作品『蒼きめぐり逢い』と、どれを読んでも、どれから読んでも楽しめる作品になっています。

キャプテン翼と同じく、ド派手なプレーや必殺シュートが持ち味の漫画なので、少々現実では考えられないような描写が飛び出しますが、そんなファンタジックなプレーにも説得力を持たせる描写やリアルな戦術面など、その場その場の思いつきで書いているのではないことがわかります。

どのシリーズもおすすめなのですが僕はあえて「左の天才・伊東ヒロ」が掛川高校へ挑み成長していく新たなる伝説を推したいと思います。怪物GK・大原と白石との因縁の対決やトシの必殺技・ファントムドリブルの正体など、これまでの伏線が一気に回収されるのもみどころです!

 

 

ファンタジスタ 草場道輝 

一人の天才プレイヤーのワンプレーが試合の流れをガラリと変えてしまう、そんな魔法を使える『ファンタジスタ』と呼ばれる天才プレイヤー達に焦点を当てた作品。島で一人をボールを蹴っていたチームプレーも知らない少年・坂本轍平の成長と活躍を描いています。エリアの騎士やシュートと同じようにギリギリ実現可能なようで不可能なプレーが頻発し、読者までもが魔法にかけられてしまう熱い試合描写は「流石」の一言。特にユース編から登場する「イタリアの恋人」と称される天才マルコ・クオーレのプレイにはほんとうに舌を巻きました。

と言っても、ファンタジスタ以外の選手たちの活躍もしっかりと描かれているは好印象。むしろ天才たちに翻弄され、ときに傷つき迷いながらも自分たちのサッカーを見出していく「普通の」キャラクターたちこそが本作の主人公なのかもしれません。

 

ぜひ、あの本田圭佑がまさかのキャラクターになった続編『ファンタジスタ ステラ』とともにお楽しみ下さい。

 

 

まとめ

今回は「初心者むけ」ということであまりサッカーを知らない人達でも読みやすい作品を5作ピックアップして紹介しました。これらの作品を読んでサッカー漫画というものに慣れたらリアルにより近いサッカー漫画である『Jドリーム』『GIANT KILLING』『BE BLUES! ~青になれ~』『フットボールネーション』『マネーフットボール』などを読んでみるとよりサッカーというスポーツが好きになれます!(文:グラッチェ)