おすすめオススメ

様々なライターが色々な「オススメ」を紹介するウェブサイト。問い合わせosusumeosusume33@gmail.com

広告

米津玄師新曲『Flamingo』その歌詞の意味とは感想と解釈レビュー!

こんにちは、音楽ライターのゆっきーです!

昨日10月20日に米津玄師さんの新曲『Flamingo』が公開になりました。

 


米津玄師 MV「Flamingo」

 

2018年最大のヒット曲となった『Lemon』とはうってかわり変則的なメロディと独特の歌詞が中毒になる『Flamingo』、これぞ米津玄師全開!というべき楽曲となっています!公開初日にもかかわらずYouTube再生回数はなんと100万回超えという異常事態。まさに米津玄師はいま、日本音楽界のトップに立っているといっても過言ではありません。

 

『Flamingo』フル歌詞

宵闇に 爪弾き 

悲しみに浜晒し花曇り 

枯れたまち にべもなし 

侘しげに鼻垂らしヘラヘラり

 

笑えないこのチンケな泥試合 

カラクレナイの髪飾り 

あらましき恋敵 

触りたいベルベットの眥に

  薄ら寒い笑みに

 

あなたは(ふらふらふら)フラミンゴ 

鮮やかな(ふらふらふら)フラミンゴ 

踊るまま ファファ

  笑ってもう帰らない 

寂しさと嫉妬ばっか残して 

毎度あり 次はもっと大事にして

 

御目通り ありがたし  闇雲に舞い上がり上滑り 

虚仮威し 口ずさみ 

うろたえに軽はずみアホ晒し

愛しいその声だけ聴いていたい 

半端に稼いだ泡銭(あぶくぜに) 

たかりだす昼とんび 

くだらないこのステージで光るのは 

あなただけでも良い

 

それは(ふらふらふら)フラミンゴ 

恐ろしや(ふらふらふら)フラミンゴ 

はにかんだ ふわふわ浮かんでもうさいなら 

そりゃないね もっとちゃんと話そうぜ 

ちくしょうめ 吐いた唾も飲まないで

 

氷雨に打たれて鼻垂らし 

私は右手に猫じゃらし 

きょうびこの程度じゃ騙せない 

狭間で彷徨うとこしえに 

地獄の閻魔に申しいり 

あの子を見受けておくんなまし 

酔いどれ張り子の物語 

やったれ死ぬまで猿芝居

 

あなたは(ふらふらふら)フラミンゴ 

鮮やかな(ふらふらふら)フラミンゴ 

踊るまま ファファ 

笑ってもう帰らない

  嫉妬ばっか残して 

毎度あり 次はもっと大事にして

 

宵闇に爪弾き花曇り 

枯れた街 にべもなしはらへらり

 

 

『Flamingo』歌詞解釈と感想

今回の『Flamingo』は古語もふんだんに使用され、その意味が気になるところですがその解釈を私なりに考えてみました。

 

タイトル『Flamingo』の意味

とは「あなたはフラミンゴのように美しい」という意味と「あなたはふらふらと別の場所に飛び立ってしまう」という意味、そしてもう一つ、

「幸せの象徴」

という意味が隠されているのではないでしょうか。フラミンゴという鳥は2羽が向かい合ったその姿がハート(♡)の形に見えるということから元々「幸福の鳥」とも言われています。

歌詞全体を見ていると「悲恋」を想像させるフレーズが非常に多く、フラミンゴがもう片方のフラミンゴを失ってしまった=ハートが割れたようにも見えることから愛する人を失った悲しみを表現しているのではないでしょうか。

 

古語の意味

前述したとおり、今作『Flamingo』にはとても多くの古語や日常ではあまり耳にしない難しい意味の単語が使われています。その一部を紹介します。

 

宵闇=宵のうちの月が出ていないくらい時間のこと

爪弾き=嫌悪・排斥すること。非難すること

雨曝し(あまざらし)=屋根などがない所で雨に打たれているさま

花曇り=曇りがちの天気

膠(にべ)も無い=愛想がない

侘しげ=失望などで力が抜けて、やりきれなく辛い、その有様

からくれない(唐紅)=濃く美しい紅色、深紅の色

眥(まなじり)=目尻

御目通り=お目にかかること

上滑り=物事の上辺しか見ないで、軽々しく済ませること

虚仮威し(こけおどし)=浅はかな見え透いた脅し

狼狽え(うろたえ)=予想外の事態にどうすればよいかわからず、まごまごするさま

泡銭(あぶくぜに)=労働以外で得た、苦労せずに稼いだお金

昼鳶(ひるとんび)=人家に昼間忍び入り、ものを取って逃げる盗人

張り子=竹や木などで組んだ枠、または粘土で作った型に紙などを張りつけ、成形する造形技法のひとつ。

 

まとめ 

こうして単語ひとつひとつを噛み砕いて見てみると、一聴すると「意味がわからない!」という印象を受けていた歌詞も先程書いたように「悲恋」につながっていることがわかります。

米津玄師の歌詞の特徴として「『わかりやすさ』というものをあえていっさい考えず、よりメロディに乗りやすい言葉を選ぶ」というところがあり、それが米津玄師独特の「深み」につながっているのではないでしょうか。

まだまだ掘れば掘るほど、面白くなってくる今作『Flamingo』、Lemonに続きまさかの6作連続1億回再生突破、じゅうぶんに考えられます!米津玄師の動向からますます目が離せません!

 

Flamingo / TEENAGE RIOT(フラミンゴ盤 初回限定)(DVD付)

Flamingo / TEENAGE RIOT(フラミンゴ盤 初回限定)(DVD付)

 
Lemon(映像盤 初回限定)(DVD付き)

Lemon(映像盤 初回限定)(DVD付き)