おすすめオススメ

様々なライターが色々な「オススメ」を紹介するウェブサイト。問い合わせosusumeosusume33@gmail.com

広告

お笑い『M−1グランプリ2017』最高だった!感想と松ちゃんはじめ審査員の得点と分析!

f:id:ikdhkr:20171207194339j:plain

 

こんにちは!芸能ライターのレイジです!

 

みなさん「M−1グランプリ2017」もちろんみましたよね!?

いやー、最高でした、最高。みんなハンパじゃなく面白かった…。。お笑いって最高ですよね!

今回は「過去最高レベル」とも謳われたM−1グランプリ2017の感想とダウンタウン松本人志さんはじめ各審査員たちの点数、そしてそれから見えるお笑い界の未来について僕なりに分析してみました!それではどうぞ!

 

M-1グランプリ2017決勝の順位

まずは最終ラウンド前の敗者復活組を含む全10組の決勝進出芸人とその順位を見てみましょう。

 

1位 和牛

オール巨人92 渡辺正行92 中川家礼二93 春風亭小朝94 博多大吉94 松本人志93 上沼恵美子95 計653

 

2位 ミキ

オール巨人93 渡辺正行94 中川家礼二91 春風亭小朝92 博多大吉91 松本人志94 上沼恵美子95 計650

 

3位 とろサーモン

オール巨人88 渡辺正行93 中川家礼二93 春風亭小朝93 博多大吉93 松本人志92 上沼恵美子93 計645 

 

4位 かまいたち

オール巨人95 渡辺正行89 中川家礼二94 春風亭小朝90 博多大吉92 松本人志91 上沼恵美子89 計640

 

5位 スーパーマラドーナ

オール巨人94 渡辺正行91 中川家礼二92 春風亭小朝91 博多大吉93 松本人志90 上沼恵美子89 計640

 

6位 ジャルジャル

オール巨人93 渡辺正行88 中川家礼二89 春風亭小朝90 博多大吉91 松本人志95 上沼恵美子90 計636

 

7位 さや香

オール巨人87 渡辺正行91 中川家礼二90 春風亭小朝90 博多大吉90 松本人志90 上沼恵美子90 計628

 

8位 ゆにばーす

オール巨人89 渡辺正行87 中川家礼二90 春風亭小朝91 博多大吉92 松本人志87 上沼恵美子90 計626

 

9位 カミナリ

オール巨人87 渡辺正行86 中川家礼二89 春風亭小朝90 博多大吉91 松本人志85 上沼恵美子90 計618

 

10位 マヂカルラブリー

オール巨人86 渡辺正行89 中川家礼二88 春風亭小朝89 博多大吉88 松本人志84 上沼恵美子83 計607

 

出番 コンビ名 順位 総合点 オール巨人 渡辺正行 中川家礼二 春風亭小朝 博多大吉 松本人志 上沼恵美子 平均
1 ゆにばーず 8 626 89 87 90 91 92 87 90 89.8
2 カミナリ 9 618 87 86 89 90 91 85 90 88.6
3 とろサーモン 3 645 88 93 93 93 93 92 93 92
4 スーパーマラドーナ 4 640 94 91 92 91 93 90 89 92.2
5 かまいたち 4 640 95 89 94 90 92 91 89 92
6 マヂカルラブリー 10 607 86 89 88 89 88 84 83 88
7 さや香 7 628 87 91 90 90 90 90 90 89.6
8 ミキ 2 650 93 94 91 92 91 94 95 92.2
9 和牛 1 653 92 92 93 94 94 93 95 93
10 ジャルジャル 6 636 93 88 89 90 91 95 90 90.2
平均 - 634.11 90.11 90.22 91.11 91.11 91.56 89.56 90.44 90.82

赤字は各審査員の最高点数

 

感想

こうしてみると、優勝したとろサーモンはそこまで「高い点数」というわけではないことがわかります。むしろ「一番」というわけではないが、全審査員からまんべんなく高評価を得たことが全体の高得点につながっていると言えます。

逆に、オール巨人、中川家礼二からの最高得点は獲得しつつも4位と低迷してしまったかまいたちは逆に渡辺正行や上沼恵美子の評価はイマイチという結果に。

またジャルジャルもダウンタウン松本人志の得点は最終決戦に進んだ3組を除いて「ダントツの1位」である95点を叩き出していますが、順位は6位と伸び悩みました。

これは、「1人の審査員だけに気に入られても優勝はできないということを表しています。

 

クセの強めな屁理屈漫才のかまいたちや、松ちゃんの評価どおり「評価が分かれる」という新次元のリズム漫才を披露したジャルジャルは少し厳しいものになったのではないでしょうか。(僕はかなり好きでした!)

 

反対に、テンポで攻めるミキや、技術・構成力がずば抜けいた和牛、そしてわかりやすいボケで会場を魅了したとろサーモンは今のお笑いに必要な「みんなが笑える」漫才を披露したのではないかと思いました。

 

こうして数字で分析すると色々なことが見えてきます!とは言え、今回のM-1決勝進出者のレベルがかなり抜きん出ていたということはお笑いファンなら誰もが納得するところです!

惜しくも10位になってしまったマヂカルラブリーもそうですが、彼らは『10組中10位』なのではなく、総エントリー数『エントリー数4094組の中の10位』なのです!

 

全組面白かった!最高でした!本当に出場した芸人のみなさん、お疲れ様でした!楽しい時間をありがとうございました!!

 

 

M-1グランプリ the FINAL PREMIUM COLLECTION 2001-2010 [DVD]

M-1グランプリ the FINAL PREMIUM COLLECTION 2001-2010 [DVD]