おすすめオススメ

様々なライターが色々なオススメを紹介するウェブサイト! 問い合わせosusumeosusume33@gmail.com

広告

一気に読みたい…村上春樹の面白いおすすめの名作小説をランキング形式で紹介します…

僕は今日、みんなに村上春樹の小説を勧めるためにここへ来た。あるいは、古ぼけた喫茶店でコーヒーを嗜むように、「それ」をしようと思う。

「でもこれだけは知っていてほしい、この世に完璧な小説などといったものは存在しない、完璧な絶望が存在しないようにね」

 

さぁ、はじめよう。

 

 

村上春樹の名作小説ランキングベスト10

 

番外 騎士団長殺し

騎士団長殺し :第1部 顕れるイデア編

騎士団長殺し :第1部 顕れるイデア編

 
騎士団長殺し :第2部 遷ろうメタファー編

騎士団長殺し :第2部 遷ろうメタファー編

 

 

10位 国境の南、太陽の西

国境の南、太陽の西 (講談社文庫)

国境の南、太陽の西 (講談社文庫)

 

じわじわと僕の心を締め付けて離さない、ニシキヘビのような小説。ずっと締め付けられていたい、僕はこの本を読んでそう思った。

 

9位 東京奇譚集 

東京奇譚集 (新潮文庫)

東京奇譚集 (新潮文庫)

 

ほんとうに人の心というやつは厄介なものだと思う。心の中にずっとある、ビターチョコレートのような苦い思い出は時に僕たちを惑わせ、そして時に導いてくれる。

 

8位 もし僕らのことばがウィスキーであったなら 

もし僕らのことばがウィスキーであったなら (新潮文庫)

もし僕らのことばがウィスキーであったなら (新潮文庫)

 

小説を読んでいて、その「音」まで感じさせてくれる小説というやつは村上春樹の本以外にはない、僕はそう思っている。そんな彼の本のなかでも、こいつはとびきりの静けさを感じられる、それは残酷なまでに美しい。

 

7位 ダンス・ダンス・ダンス 

ダンス・ダンス・ダンス(上) (講談社文庫)

ダンス・ダンス・ダンス(上) (講談社文庫)

 

彼が「ミステリー」というやつを書いたとき、一体全体どんな仕上がりになるのか、それはハルキストなら一度は思ったことだろう。その答えというやつは、この本にある。

 

6位 1Q84

1Q84 BOOK 1

1Q84 BOOK 1

 

「賛否両論」、この言葉がこの作品以上に似合う小説はなかなかないんじゃないかな。僕もこの1Q84をはじめて読んだとき、いままでとのあまりの違いに驚き、そして深い悲しみに襲われた。でも、村上春樹という男は、そんな読者の心の内までもすべて計算したうえでこの本を書ききったんじゃないだろうかー。そう思い、もう一度この作品を読んだとき、僕は鳥になれた気がした。

 

5位 色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年 

色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年 (文春文庫)

色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年 (文春文庫)

 

まず、目を引くのがこのタイトル。それは僕たちを突き放しているようで、どうしようもなく引き寄せる「引力」というやつなのかもしれない。そして中身。1Q84にもあったようなどうしようもない違和感。それを一気に自分のなかで消化できるのか、村上春樹は僕ら読者を試してるのかもしれないな。

 

4位 1973年のピンボール

1973年のピンボール (講談社文庫)

1973年のピンボール (講談社文庫)

 

村上小説を語るうえでこいつを外すことはできない。まず「村上春樹」という男を知る一番てっとり場合方法は1973年を読むことだと、ウィスキー片手に考えるんだ。 

 

3位 スプートニクの恋人

スプートニクの恋人 (講談社文庫)

スプートニクの恋人 (講談社文庫)

 

この作品に関してはあまり多くを語るということはしない。とにかくなんの先入観もなく、もっと言えば村上春樹の小説だということを、できるなら忘れて読んでほしい、そう強く思う。

 

2位 レキシントンの幽霊

レキシントンの幽霊 (文春文庫)

レキシントンの幽霊 (文春文庫)

 

「レキシントンの幽霊」「緑色の獣」「沈黙」「氷男」「トニー滝谷」「七番目の男」「めくらやなぎと、眠る女」以上7つの短編が収録されている短編集。特に「七番目の男」作中にもある『恐れるべきは恐怖そのものではなく、 恐怖の対象に背を向けることだ』というセリフ、これが僕にとってこの作品のすべてだと思った。それほどまでに僕は感銘というやつを受けた。

 

1位 女のいない男たち

女のいない男たち (文春文庫)

女のいない男たち (文春文庫)

 

見慣れたはずのこの世界に潜む秘密を探る6つの物語。思春期、「春を思う時期」それをテーマに村上春樹に短編集を書かせたらこんなにも素晴らしいものができあがるのかと衝撃を受けた。僕が青春時代に置き忘れたすべてを取り戻せる、そう強く思った特別な作品。

 

 

その他、村上春樹の名作たち

パン屋襲撃

パン屋再襲撃 (文春文庫)

パン屋再襲撃 (文春文庫)

 

 

アフターダーク

アフターダーク (講談社文庫)

アフターダーク (講談社文庫)

 

 

風の歌を聴け

風の歌を聴け (講談社文庫)

風の歌を聴け (講談社文庫)

 

 

アンダーグラウンド

アンダーグラウンド (講談社文庫)

アンダーグラウンド (講談社文庫)

 

 

海辺のカフカ

海辺のカフカ (上) (新潮文庫)

海辺のカフカ (上) (新潮文庫)

 

 

ねじまき鳥クロニクル

ねじまき鳥クロニクル〈第1部〉泥棒かささぎ編 (新潮文庫)

ねじまき鳥クロニクル〈第1部〉泥棒かささぎ編 (新潮文庫)

 

 

走ることについて語るときに僕の語ること

走ることについて語るときに僕の語ること (文春文庫)

走ることについて語るときに僕の語ること (文春文庫)

 

 

ノルウェイの森

ノルウェイの森 文庫 全2巻 完結セット (講談社文庫)

ノルウェイの森 文庫 全2巻 完結セット (講談社文庫)

 

 

まとめ

この記事を読んで君が村上春樹の本にほんの少しでも興味を持ってくれたら僕はとてもうれしく思う。あるいは…

 

 

村上春樹の小説を読むならKindleで

 

Kindle Paperwhite Wi-Fi、ブラック

Kindle Paperwhite Wi-Fi、ブラック