おすすめオススメ

様々なライターが色々なオススメを紹介するウェブサイト! 問い合わせosusumeosusume33@gmail.com

広告

絶対面白い!おすすめのマンガ大賞2016をランキング形式で紹介します!

www.mangataisho.com

もはや漫画界の毎年恒例の賞となりつつある「マンガ大賞」今回はその中でノミネートされた絶対に面白いおすすめの作品をランキング形式で紹介します!

※商品リンクはAmazon

 

11位 とんかつDJアゲ太郎 イーピャオ・小山ゆうじろう

とんかつDJアゲ太郎 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

とんかつDJアゲ太郎 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

 

「とんかつ」と「DJ」その2つが融合した漫画は数多くある漫画の中でもこの「とんかつDJアゲ太郎」しか無いだろう。シュールと呼ぶにはあまりにもお粗末(褒め言葉)なギャグの数々、頭の悪い強引な展開(褒め言葉)はまさに『個性の塊』好き嫌いの非常に分かれる作品だと思うが一度ハマればまさにとんかつのように何度も味わいたくなるだろう。

 

10位 岡崎に捧ぐ 山本さほ

[まとめ買い] 岡崎に捧ぐ

[まとめ買い] 岡崎に捧ぐ

 

独特な絵柄、悪く言えば下手、良く言えば個性的でとっつきにくい印象を持つ人もいるかもしれないがこの作品『岡崎に捧ぐ』の最大の武器は「あるあるネタの豊富」さにある。この「あるあるネタ」にハマれば絵のことなどまったく気にならなくなるのでまずは最初の1巻を読了することをおすすめします。

 

9位 百万畳ラビリンス たかみち

ゲーム会社のデバッカーのアルバイトをしていた二人の女性が木造の迷宮に迷い込んでしまうという作品で、独特の間や、やり取りが面白い。主人公の礼子にも独特の魅力があり単純な「かわいい」「萌え」とは少し違い新鮮でとても良い。

 

8位 東京タラレバ娘 東村アキコ

[まとめ買い] 東京タラレバ娘
 

結婚期を逃したアラサー女の悲哀を描いた作品。同世代の女性なら非常に心当たりのあるような小ネタが満載で、「あるある」「ないない」とツッコみながら読み進めていくうちに東村アキコの世界観の虜になってしまう怪物作品。好き嫌いのはっきりとわかれる部類だとは思うが読む人の心になんらかの爪痕を残す。

 

7位 ゴールデンカムイ 野田サトル

[まとめ買い] ゴールデンカムイ
 

道内を舞台にした作品ということでとても親近感の沸く作品の一つ。しかしその内容は一攫千金を夢見る兵士の物語で、そのリアルとファンタジーのバランスが素晴らしい。絵柄も独特で一見して誰の作品かがわかる、というのは凄い才能だ。

 

6位 町田くんの世界 安藤ゆき

町田くんの世界 1 (マーガレットコミックスDIGITAL)

町田くんの世界 1 (マーガレットコミックスDIGITAL)

 

なんの取り柄もないと憂う主人公・町田くんには人として生きていくために最も大事な才能の持ち主でした。この漫画は自分に才能なんか無い、と嘆く全ての少年・少女たちに読んで欲しい傑作です、とにかく読んで下さい。

 

5位 波よ聞いてくれ 沙村広明

波よ聞いてくれ(1) (アフタヌーンKC)

波よ聞いてくれ(1) (アフタヌーンKC)

 

舞台が北海道の札幌ということで在住している私が最も今期待している漫画の一つ、それがこの「波よ聞いてくれ」だ。随所に散りばめられるローカルネタの数々は北海道民ならクスリとしてしまうこと間違い無し。逆に言えば道民意外が楽しめているのかが不安だが、そこは是非内地の方々の意見も聞いてみたい。題材の『ラジオ』も好きな人は本当に好きなので一度その世界観に入り込めば二度と出られないほどの中毒性を持つ作品だ。

 

4位 BLUE GIANT 石塚真一

[まとめ買い] BLUE GIANT

[まとめ買い] BLUE GIANT

 

音楽関係の漫画は多くあるが「ジャズ」を題材にした漫画も珍しい。今にも動き出しそうな、今にも音が聴こえてきそうな圧倒的な描写力は今の若手漫画界の中でも屈指だろう。これからの協奏曲に期待したい作品の一つだ。

 

3位 ダンジョン飯 九井諒子

[まとめ買い] ダンジョン飯
 

「グルメ」というジャンルの漫画は数多くあれど、その中でも異端な雰囲気を醸し出す作品「ダンジョン飯」です。ゲーム内のダンジョンに現れた個性豊かな様々な魔物、すなわち「モンスター」をどうやって調理していくのかという異色の内容でまさに「漫画」でしかできない表現の数々これからが楽しみの新たな漫画です。

 

2位 僕だけがいない街 三部けい

ある事件が起こりそうになるとその事件が起きる数分前に何度もタイムスリップする能力『リバイバル』を持つ青年・藤沼がある事件の真相を探るために現在の時代と少年時代を行ったり来たりしていくという内容。実写化も決定していて演じるは実写化俳優の代表格・藤原竜也、そしてパートナーの加代にはいま一番輝いていると言っても過言ではない女優・有村架純が演じる。深夜に放送しているアニメも面白くとても完成された作品だ。

 

1位 恋は雨上がりのように 眉月じゅん

17歳の女子高生・あきらが45歳のアルバイト先の店長である近藤に恋をするというストーリー。一見よくありがちな歳の差の恋を描いた物語かと思いきや他の恋愛漫画と一線を画するのがあきらと近藤の間にはまだなにも起きていないということだ。二人の心の機微を繊細に描きながらもその二人の関係性はとても丁寧に描かれている。原稿では4巻まで発売されているが、この先二人がどうなっていくのか、どう変わっていくのかがとても楽しみでならない。実写化しても面白そうな題材だ。

 

まとめ

さすがノミネートされた作品はどれも個性の塊で人に勧めるにも勇気がいる作品も多い印象を受けました。しかし、王道をあえて外し成功している漫画ばかりなので気になった作品があれば是非読んでみてください。